CARIES TREATMENT

むし歯治療

当院のむし歯治療

当院では患者さんの歯の健康状態や治療方針を、丁寧にカウンセリングし説明・同意を得たうえで治療を進めていきます。
むし歯の部分を削った後に「コンポジットレジン」というプラスチックの見た目が良い白い詰め物をつめます。保険適用しているため低価格の治療が可能です。
外科用の器具(電動麻酔器など)も当院が最良と考えるものを用意して、痛みの少ない治療を徹底しています。

虫歯の原因は食べ物の糖分

STEP1

食べものの残りカスの中にある糖分を虫歯菌が分解し、ネバネバ成分を出します。

STEP2

ネバネバ成分を足がかりに他の細菌も歯にくっついていきます。
これがプラーク(歯垢)です。

STEP3

プラークの中の虫歯菌は、糖質を分解して酸を作り出します。
この酸がエナメル質を溶かして虫歯になります。

むし歯の進行

C0(要観察歯)

初期むし歯とも呼ばれます。歯の表面が白くにごってくすんで見える状態です。
まだ元の健康な歯に戻る可能性がありますが、放っておくとむし歯に進行してしまいます。
歯に穴は開いておらず、痛みなどの症状はありません。

C1

歯の表面をおおっているエナメル質が脱灰(歯が溶ける)している状態です。
痛みはあまり感じませんが、歯の表面が白くにごっていたり、穴の開いた部分が茶色又は黒色に変色します。

C2

象牙質の層にまで進んで穴があいている中等度のむし歯です。
冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみます。
この段階まで進行したむし歯は一気に進行が広がるので注意が必要です。

C3

むし歯が大きな穴になって象牙質のすべてに及び、歯髄(神経)まで達したむし歯です。
炎症を起こしたりすると、とてもはげしい痛みをともないます。
状態によっては治療期間も長引きます。

C4

歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。
このままにしておくと歯髄が腐敗してしまい、炎症がまわりに広がっていきます。

レジンによる治療(保険適用)

コンポジットレジンとは、セラミック粒子と合成樹脂を合わせた白いプラスチック素材のことです。ペースト状のプラスチックを歯に詰め、特殊な光を当てて固める治療方法です。銀歯と違い白く目立たないので、前歯等の見えやすい歯に使用する事が多い治療です。

銀歯による治療(保険適用)

主に奥歯の詰め物として保険適用で行う治療に使用される銀色の金属の詰め物です。
「金銀パラジウム合金」という金属が使用され、強度が強いため強い力のかかる部位にでも使用できる特徴があります。しかし金属アレルギーの方には使用できないことや、金属なので熱で膨張し、冷たいと収縮するため、境目の接着剤がひずんで壊れてしまうこともあります。

セラミックによる治療(保険適用外)

メタルボンドクラウン

金属の冠に陶器(セラミックス)を焼きつけて作られています。
耐久性も高く天然歯のように白く美しい歯になりますが、内部は金属で出来ているため金属アレルギーの方には使用できません。

e.max

e.maxは金属アレルギーの心配がなく、汚れがつきにくいためむし歯の再発リスクを抑えることができます。奥歯以外に適した材料で、見た目も自然な色調で回復することができます。

ジルコニア

ジルコニアは金属アレルギーの心配がなく、汚れがつきにくいためむし歯再発のリスクを抑えることができます。割れにくいため特に奥歯に適しています。

ジルコニアは、色調により使用する材料、作製方法が異なります。

  • 単色

    あらかじめ指定された色のセラミックスのブロックを削り出して作製します。
    色が単調で天然歯とは色調が異なるため、目立ちにくい奥歯の治療に使用されます。

  • マルチレイヤー

    複数の色の層でグラデーションを付けたセラミックスのブロックを削って作製します。
    前歯などでも特殊な色調でなければ、単色に比べて自然な見た目を回復することができます。

  • レイヤリング

    ジルコニアに色調の調整が可能な陶材を盛りつけて作製します。
    細かな色の調整が可能なため、前歯などの目立つ箇所や特殊な色調でも自然な見た目を回復することができます。

ケアグッズ紹介

フッ化物配合ジェル(チェックアップ)

いつもの歯磨きの仕上げに加えてむし歯のリスクケアができます。

ラシャスリップ

口元をもっと美しく見せたい方におすすめのリップ美容液です。唇に潤いを与える保湿効果が期待できます。